安全運転のために必要な事

自動車に乗る際に安全運転に心掛けるべき必要な事は、数多く有ります。
現在は日本国中隅々にまで高速道路が張り巡らされ、遠くまで快適に行く事が出来るようになりましたが、事故になる前に心得るべき事を胸に刻み込んで出掛けなければなりません。

高速道路では、運転が単調になって緊張がゆるみ眠気をもよおしがちになりますので、疲れたと感じたら休憩をとるようにします。

出発前には、ガソリンの量は十分に有るのか、ラジエータの水の量は、エンジンオイルは、タイヤの溝の深さ・空気圧は、そして積荷が有ればロープなどでしっかりと固定されているかを点検し、時間的には無理のないゆとりのある運転計画をたてます。
また、万が一停止する事が有る場合に備え停止表示板・停止表示灯を携行し、交通情報も得ておきます。

高速道路に入ったならば、他の車の動きに気を配りながら流れに乗って制限速度を守って走り、前の車が急にブレーキをかけても追突しないだけの十分な車間距離を取ります。

追い越しをする時は、前の車の動向を把握しつつ、後方からの車を確認し、方向指示器を出して緩やかに追い越し車線に入り、追い越したならルームミラーで追い越した車との距離を十分に確認して、方向指示器を出して緩やかに元に戻ります。

コメント

コメントを受け付けておりません。