安全運転のポイント

自動車を使用して通勤や通学、ショッピングに出かける場合は、安全運転を心がけることが大切ですが、特に気をつけるべきポイントがいくつか存在します。

一番注意しなければならないことは、見通しの悪い道路で右折を行う、ということでしょう。標識がない場合でも、一旦停止を行うことが基本です。直進してくる自動車の方は、右折を行う自動車に注意を向けていない場合が多く、右折する側がきちんと直進してくる自動車の動きを見ていないと、接触事故を起こしてしまう可能性が高くなるのです

。そのため、出会い頭での事故を防ぐためには、右折する側が安全を意識することで、未然に防げる事故が多くなります。とはいうものの、見通しの悪く狭い道路では、双方がきちんと自動車を運転していたとしても、深刻な接触事故に繋がってしまうケースも多く、その場合は国の機関のチェックが甘い、ということになります。

もしそのような状態の道路を見つけた場合は、地域住民を守るためにも、すぐに警察に指摘すると良いでしょう。具体的に、どこがどう悪いのか、ということを説明できれば、道には道路標識が追加されます。ルールは増えますが、安全に対する配慮も高まることでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。