車の破損状況を確認する

あなたは運転中に自動車事故を起こしたことがありますか。または自身が事故を受けたことがありますか。事故を起こした時はもちろんのこと、自身が事故の被害を受けた時もまずは冷静に対処することが何よりも大切です。

人間の精神状態から考えるとまず、事故を起こすと動揺してしまい頭が真っ白になり何をしているのかさえも分からなくなることがあります。そのため、普段であれば問題なく出来るコミュニケーションが取れなかったりすることがあります。

まずは双方の損害状況を冷静に見極めて、優先的に何をしなければならないかを把握することが重要です。最悪の場合、相手や御自身が事故により重傷を負うこともありえます。

その場合は、応急処置を施し、警察、救急への連絡が必要になりますし、破損状況によっては引火、爆発などの二次災害に繋がる可能性もあるし、交通渋滞を引き起こすことも考えられます。状況によっては現場保持がかなわず、少し離れた場所に移動させてからの処置が必要になることもあります。レッカーを呼ぶこともあります。

まずは御自身で加入されている保険会社へ連絡し、事故が発生した日時、場所、相手の有無、被害状況を冷静に、的確に伝えることが重要です。

保険会社に連絡

ビジネス女性07もしも、自分が被害者になってしまったら。
考えたくはない事ではありますが、人生いつ何が起こるかわからないものです。
もしもの場合に備えて、準備をしておきましょう。

まず、絶対に任意保険には加入しておきましょう。
自分だけではなく、相手の命や同乗者の命も預かっているのです。
また、事故の相手が保険に加入していないという事も十分に考えられますので必ず加入しておきましょう。

その上で、万が一事故に巻き込まれてしまったら、すぐに保険会社へ連絡できるように、
車のダッシュボードには、保険証券もしくは、連絡先の電話番号をいつでも入れておきましょう。

電話で対応してくれるオペレーターはプロですので、
焦らなくても大丈夫です。あれこれ、向こうからきちんと聞き出してくれます。
その質問に答えていくだけで大丈夫です。

自動車同士の事故の場合、どちらにどれだけの過失があるかどうか、
それで、保険の支払いが決まるので、基本的には担当者同士が話をつけてくれます。

万が一揉めた場合には、弁護士特約が付いてるととても心強いです。
裁判になった時も、仕事中に呼び出される事もなく、弁護士さんが対応してくれます。

とにかく、事故に巻き込まれた時には、
お互いの体調を確認し、怪我があれば先に怪我の手当をし、
そのあとに落ち着いて電話をしましょう。

怪我が無いか確認する

自動車は人が歩くよりも何倍も速い速さで、しかも多くの荷物を移動することができる現代社会には欠かせないツールの一つです。正しく使えば上記のように非常に便利な道具でありますが、一歩間違うと自分や他人の命を落とす危険性もある、非常に危険な道具でもあるのです。

そうならないように、普段から安全運転を行うのがドライバーとしての義務でもあります。そうはいっても予期せぬ事故に巻き込まれる危険性もあります。そこで、もしも自分が自動車事故の被害者になった際、すべきことを解説します。

事故で被害者になったなら、加害者に損害賠償請求をすることになります。そのためには加害者、損害賠償責任を負う者が誰であるかをきちんと確認する必要があります。加害車両の運転者、その使用者、加害車両の保有者の住所・氏名、加害車両の登録番号などの確認はもちろん、加害者の加入している自賠責保険や自動車保険の保険会社、契約者、契約番号、契約内容なども調べてメモしておくべきです。

また、非常に重要なのが怪我がないの確認することです。軽い負傷だから大丈夫と思っても、実は重症だったり、後日後遺症が残る可能性もあります。軽い素人判断は禁物です。少しでも気になるならきちんと医師に診てもらうことです。

もしも自動車事故の被害者になってしまったら

まずは警察へ届けます。加害者が連絡するとは限りませんので、ご自身で連絡しても構いません。

双方で負傷して報告できないときは、報告可能な同乗者に連絡してもらいます。それも出来ない場合は、周囲の第三者にお願いしましょう。
警察へ届け出ないと任意保険・自賠責保険を問わず保険金を請求する際に必要となる交通事故証明書の交付が受けられなくなります。

以降は、自身が軽度の怪我で動ける状況を想定します。
次に、事故現場の証拠を残しておきましょう。相手方に損害賠償を求める際の過失割合の正確な割り出しの為に情報は正確に残します。
具体的には、デジカメやスマートフォン・携帯電話のカメラで事故現場を撮影します。これは周囲の一時停止や一方通行などの標識も含めて撮影します。
些細なものでも残すようにしましょう。次に、自動車等の被害物件の被害を確認、撮影しておきます。

相手との会話はできるだけレコーダーで録音しましょう。スマートフォンでは録音可能機種もありますので、それで代用しても構いません。
事故に対する言い分などは全てレコーダーでの録音と紙でのメモを行い、相手の身分確認、自動車の登録番号、所有者も残しておきましょう。
最後に、保険会社に事故報告をします。

被害者であっても自分の保険会社に報告をしておきます。加害者が保険に入っておらず、自分の保険を使わざるを得ない状況は十分にあり得るからです。

自動車事故同士の場合は、もらい事故以外では加害者の過失が100になることはありません。双方で走行している場合は双方に過失ありとなるケースが殆どです。
この場合に双方の過失割合を決めるためにも保険会社は必要なのです。

事故の時の対策について

海04車の運転は充分注意をすることが必要です。当たり前のことですが、慣れとは恐ろしいもので、何回も運転をしていると、ついつい初心を忘れてしまって、惰性で運転してしまうということもよくあります。とにかく事故を起こさないことが一番ですが、どんなに注意をしていても起きてしまうこともあります。

そんな時の為に、その万が一の為に普段から充分な対策を立てておくことが大切になってきます。いざという時に慌てないように、事前に充分に準備をしておくという心構えが重要です。

保険に入っておくのは当然ですが、その証書がすぐだせるようになっているか、あるいは連絡先がすぐわかるようになっているか、常にチェックをしておきましょう。また保険会社の担当の方と仲良くなっておくということも重要なことです。すぐに駆けつけてくれる、すぐに対応してくれる、そんな信頼関係をふだんから築いておきたいものです。

対策としては、そういった事前の準備を常に怠らないということと、冷静な行動をしっかりと出来るようにという意識を常に持つということです。安全運転が一番ですが、相手からぶつかって来られる場合だってあるわけですから、色々な事態を想定して、常に準備を怠らないということが大切です。

安全運転のポイント

自動車を使用して通勤や通学、ショッピングに出かける場合は、安全運転を心がけることが大切ですが、特に気をつけるべきポイントがいくつか存在します。

一番注意しなければならないことは、見通しの悪い道路で右折を行う、ということでしょう。標識がない場合でも、一旦停止を行うことが基本です。直進してくる自動車の方は、右折を行う自動車に注意を向けていない場合が多く、右折する側がきちんと直進してくる自動車の動きを見ていないと、接触事故を起こしてしまう可能性が高くなるのです

。そのため、出会い頭での事故を防ぐためには、右折する側が安全を意識することで、未然に防げる事故が多くなります。とはいうものの、見通しの悪く狭い道路では、双方がきちんと自動車を運転していたとしても、深刻な接触事故に繋がってしまうケースも多く、その場合は国の機関のチェックが甘い、ということになります。

もしそのような状態の道路を見つけた場合は、地域住民を守るためにも、すぐに警察に指摘すると良いでしょう。具体的に、どこがどう悪いのか、ということを説明できれば、道には道路標識が追加されます。ルールは増えますが、安全に対する配慮も高まることでしょう。

安全運転とマナー

車は、大変に便利で今や私達の生活になくてはならない物になっています。
しかし、車は走る凶器とも言われ一歩間違えれば、人の命を奪いかねませんので、安全を心掛けなければなりません。

交通事故で命を亡くしてしまわれる方は毎日約20人程ですが、怪我をされた方はその何倍も、そしてその何倍もの家族の方々が不幸に合われたことになります、常に人の命の尊さを念頭に置いて運転をしなければならないという事です。

いつも心身の状態を良好に保って運転席につく事であり、病気で気分がすぐれない、心配事が有る、喧嘩をして腹が立ったなどですと、注意力が散漫となり認知や判断、操作が遅れて大事故となるかも知れません。

そして、急いだり焦ったりしますと前の車の動きばかりが気になり、交通全体の流れや周りの動きへの配慮が失われて危険です、十分に時間と気持ちに余裕を持って、自己中心的にならないようにします。

自分は大丈夫という過信をする事が有ります、運転免許をとりたての頃は慎重に走らせていたのに、慣れてくると徐々に気が大きくなってきて乱暴な運転となってしまいます。

それと、年齢を重ねるほど運動能力は落ちているのに、頭の中では昔の若い頃のように何でもできると思ってしまいますが、自分の運転能力を正しく知ることが必要であります。

これらの基本的なマナーを守って安全運転に心掛けたいものです。

運転方法編

最近の自動車は性能が良くなり、簡単にスピードが出て一般道路でもすぐに時速70~80Kmになってしまいます。

停止距離はスピードが速くなるほど当然長くなりますが、それは自分が思っている以上のものですので、制限速度を守り、道路交通の状況に応じて車を十分にコントロール出来る速度で運転をします。

歩行者は、いきなり飛び出したり、また思わぬ行動を取ったりするものですから、万が一の予想をして運転を心掛けるべきです。

横断歩道やその手前では追い抜きをしない、バスや駐車車両の陰からの横断、子供は母親や友達などを見かけると車を見ずにいきなり駆け出し横断、対向車の通過後の飛び出し、また隣車線の車が停止した陰からバイクが出てくるサンキュー事故なども有ります。

現在ではかなりの山奥に行きましても、道路が整備されていて走り易くなっていますが、かえってスピードを出し過ぎカーブを曲がりきれなくなってしまいますので、カーブの手前でスピードを十分に落とし、カーブ内ではブレーキを掛けないようにし、一定の速度で走り、常に対向車を意識し運転する事です。

一番大事な、お酒を飲んだら絶対に車に乗らない事、ドライバーにお酒をすすめない事、アルコールは中枢神経を麻痺させて全ての能力を低下させます。
基本的な安全運転方法です。

安全運転のために必要な事

自動車に乗る際に安全運転に心掛けるべき必要な事は、数多く有ります。
現在は日本国中隅々にまで高速道路が張り巡らされ、遠くまで快適に行く事が出来るようになりましたが、事故になる前に心得るべき事を胸に刻み込んで出掛けなければなりません。

高速道路では、運転が単調になって緊張がゆるみ眠気をもよおしがちになりますので、疲れたと感じたら休憩をとるようにします。

出発前には、ガソリンの量は十分に有るのか、ラジエータの水の量は、エンジンオイルは、タイヤの溝の深さ・空気圧は、そして積荷が有ればロープなどでしっかりと固定されているかを点検し、時間的には無理のないゆとりのある運転計画をたてます。
また、万が一停止する事が有る場合に備え停止表示板・停止表示灯を携行し、交通情報も得ておきます。

高速道路に入ったならば、他の車の動きに気を配りながら流れに乗って制限速度を守って走り、前の車が急にブレーキをかけても追突しないだけの十分な車間距離を取ります。

追い越しをする時は、前の車の動向を把握しつつ、後方からの車を確認し、方向指示器を出して緩やかに追い越し車線に入り、追い越したならルームミラーで追い越した車との距離を十分に確認して、方向指示器を出して緩やかに元に戻ります。