もしも自動車事故の被害者になってしまったら

まずは警察へ届けます。加害者が連絡するとは限りませんので、ご自身で連絡しても構いません。

双方で負傷して報告できないときは、報告可能な同乗者に連絡してもらいます。それも出来ない場合は、周囲の第三者にお願いしましょう。
警察へ届け出ないと任意保険・自賠責保険を問わず保険金を請求する際に必要となる交通事故証明書の交付が受けられなくなります。

以降は、自身が軽度の怪我で動ける状況を想定します。
次に、事故現場の証拠を残しておきましょう。相手方に損害賠償を求める際の過失割合の正確な割り出しの為に情報は正確に残します。
具体的には、デジカメやスマートフォン・携帯電話のカメラで事故現場を撮影します。これは周囲の一時停止や一方通行などの標識も含めて撮影します。
些細なものでも残すようにしましょう。次に、自動車等の被害物件の被害を確認、撮影しておきます。

相手との会話はできるだけレコーダーで録音しましょう。スマートフォンでは録音可能機種もありますので、それで代用しても構いません。
事故に対する言い分などは全てレコーダーでの録音と紙でのメモを行い、相手の身分確認、自動車の登録番号、所有者も残しておきましょう。
最後に、保険会社に事故報告をします。

被害者であっても自分の保険会社に報告をしておきます。加害者が保険に入っておらず、自分の保険を使わざるを得ない状況は十分にあり得るからです。

自動車事故同士の場合は、もらい事故以外では加害者の過失が100になることはありません。双方で走行している場合は双方に過失ありとなるケースが殆どです。
この場合に双方の過失割合を決めるためにも保険会社は必要なのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。