怪我が無いか確認する

自動車は人が歩くよりも何倍も速い速さで、しかも多くの荷物を移動することができる現代社会には欠かせないツールの一つです。正しく使えば上記のように非常に便利な道具でありますが、一歩間違うと自分や他人の命を落とす危険性もある、非常に危険な道具でもあるのです。

そうならないように、普段から安全運転を行うのがドライバーとしての義務でもあります。そうはいっても予期せぬ事故に巻き込まれる危険性もあります。そこで、もしも自分が自動車事故の被害者になった際、すべきことを解説します。

事故で被害者になったなら、加害者に損害賠償請求をすることになります。そのためには加害者、損害賠償責任を負う者が誰であるかをきちんと確認する必要があります。加害車両の運転者、その使用者、加害車両の保有者の住所・氏名、加害車両の登録番号などの確認はもちろん、加害者の加入している自賠責保険や自動車保険の保険会社、契約者、契約番号、契約内容なども調べてメモしておくべきです。

また、非常に重要なのが怪我がないの確認することです。軽い負傷だから大丈夫と思っても、実は重症だったり、後日後遺症が残る可能性もあります。軽い素人判断は禁物です。少しでも気になるならきちんと医師に診てもらうことです。

コメント

コメントを受け付けておりません。